声のイントネーション

 声のイントネーション 印刷する方はコチラ
声には、発音の仕方、トーン、大きさなど相手に与える印象が決まる要素がいくつかあります。
今日は、「声のイントネーション」について書いてみたいと思います。 

イントネーションとは、話す時の声の高低、つまり抑揚です。

例えば「いらっしゃいませ」でみてみましょう。

この言葉を、平坦に言ってしまうと、ぶっきらぼうに聞こえてきます。

「いらっしゃいませ」の「せ」にアクセントを置き、あげ気味に話すと、少々きつい感じに聞こえてきませんか。
抑揚をどこに持ってくるかでも印象が変わります。


ではもう少し長い会話でみていきましょう。

食品の紹介場面です。

「こちらの○○という商品は、とても人気があります。 弾力はあるのですが、柔らかいという感じです。 召し上がったお客様からも、面白い食感ですねという 声が多く聞かれます」

これを平坦に言うと、お客様にはどのように聞こえるでしょう。


弾力があって柔らかいなんて何? この販売員、何が言いたいのかわらない、などの声が聞こえてきそうです。

ではイントネーションをつけるとどうでしょう。

弾力はあるのですが、柔らかいのです、という部分を少し高めて、抑揚をつけると、「え! どんな感じ? 一度試してみたい」という気持ちが、出てくるのではないでしょうか。

抑揚のあるなしで、言葉の雰囲気が大きく変化します。


ではイントネーションをよくするためにはどうしたら 良いのでしょう。

それは、日頃から抑揚をつけて会話をすることです。

ですが一番大切なことは、会話を楽しもうという気持ちです。

その気持ちが弱ければ、自ずとして抑揚も弱くなるように思います。



Topページに戻る