接客の壺
■効く(聞く)接客       ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る

現状維持バイアス  〜社内接客〜


今日は、行動経済学の「現状維持バイアス」についてのお話です。

新しい何かにチャレンジしたいと思う反面、現状を維持したいという気持ちがあります。
それは、今の生活、仕事のパターンが変化してしまうからです。

そのため、理由をつけてそのチャレンジを抑制する気持ちが働きます。
この抑制する気持ちに気づいていながら、気づかない振りをして、心にストップをかけるのです。
これが、現状維持バイアスです。

例えば、毎朝、ラジオ体操をしたいと思ったとします。
ですが、せっかくやろう思ったのに出来ない、やらない言い訳がたくさん出てきます。
「夜遅くまで仕事をしているので、早く起きてラジオ体操をするのは難しい」
「1人では楽しくないので、一緒にやってくれる相手を見つけてからやろう」
などと。

また、やろうと思ったけど「面倒だ」という否定的な心も出現してきます。
仕事でも、この現状維持バイアスがかかります。
「そういうことは取り組んでも難しいと思います。確実に、成功するとは思えないのです」
「やろうとは思いますが、人手不足でなかなか実行できないのが現状です」

このように、個人の場合であっても、仕事の場合であっても、
現状維持バイアスを、正当化していく面があります。
現状維持が問題というわけではありません。
ですが、常に現状維持では、先に進んでいくことができません。

どの場合に現状維持から脱却していくか。
その動きに新たな発見が生まれそうです。



 あなたにおすすめ

  接客と人手不足
  新規客と常連客獲得



    ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る
Topページに戻る