接客の壺
■効く(聞く)接客       ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る

接客と人生というドラマ  〜社外接客〜


今日は「接客と人生というドラマ」についてのお話です。

お客様は、人生というドラマを生きています。

飲食店やホテルに来られるお客様の中で、
「この店に、かれこれ10年は通っているな〜」
「孫の一歳の誕生日から、毎年この店にきている。小学生か。大きくなったな」
「両親と小さい時、よくこのホテルに来ていました。懐かしくて数十年ぶりに泊まりにきました」
という方がいます。

お客様のほんの一部の声ですが、
食事をする風景を思い出しながら、
ホテルで見た夜景を思い出しながら、
人生を振り返ったり、また新たな思い出をつくられたりしています。

お客様の声を聞いて、毎回、気づかされるのは、
接客者は、お客様の人生というドラマに参加しているということです。

つい忘れがちですが、お客様の声を聞くと、
このことを強く感じます。



 あなたにおすすめ

  お客様はドラマの登場人物



    ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る
Topページに戻る